接客のイロハを知りたい

  • 2016.09.26 Monday
  • 11:54
最近 楽天でも、楽天各店舗に対して接客の指導をするようになりました。

クレーム対応や、その他の細やかな点に関して、結構具体的に指導してくれます。
また、悪いレビューがあった場合なども、その対策についてちょっと教えてくれることもあります。

電話対応

ワタクシも、もっとちょっと大きめの会社にいたときに、電話対応など一通り指導されましたが、
それでもほとんど個人企業である今の会社では、接客のノウハウを忘れてしまいがちです。

また、企業向けの接客と個人向けの接客もちょっと違います。

いわゆるBtoBだと、企業がお客様になるわけですが、お客様に対してもどこか対等の部分があります。
こんな風にいうと、ちょっと言葉足らずかもしれませんが。

なんというか、向こうもビジネスライクなので、いくらかフランクに対応できる部分があるというか。
取引に慣れており、ポイントを抑えて質問してくるので、対応もし易い部分があります。

しかしながら、個人のお客様はこちらの予期していないことを質問してくることが有り、
ちょっと意表を突かれたかんじになって、満足の行くような回答がすぐに出せなかったりします。

こういった経験値を少しずつ累積していくことで、開店当初よりはレベルアップしたと思いますが、
やはりまだまだ勉強中の部分があり。


ですから、ワタクシどもも含めて小規模な企業が運営する店舗が多い楽天のようなモールで、
こういった出店者へのサービスをするのは、良いことだと思いますし、感謝もしております。

ぜひとも謙虚に受け止めて、時代の潮流に取り残されないようにしたいものです。

にほんブログ村 企業ブログへにほんブログ村
→お仕事に関するマジメなブログは、にほんブログ村から!

ハンガーのプロ エイショー

ハンガーのプロ エイショー ヤフー店

ハンガーのカテゴリーに悩む

  • 2016.09.19 Monday
  • 11:58

商材には何でも、カテゴリーというものが存在します。

ネックレスであれば、服飾・アクセサリー
デジカメであれば、電気製品、、、

通販上に商品を登録する際には、このカテゴリーを自分でセレクトして登録する必要があります。

カテゴライズ ハンガーは?

通販を立ち上げてからずっと悩んでいることとして、
『ハンガー』はどのカテゴリーになるんだろう?


収納用具というカテゴリーも多くの通販にはあり、ハンガーはそれに確かに当てはまる部分も。
でも、ランドリーの下部カテゴリーに、『ハンガー』っていうのもあるんですよね。

ハンガーによっては、ぜひ『インテリア雑貨』のカテゴリーに入れて欲しいようなおしゃれなものも。


楽天ランキングなどを観察していると、最近では少し少なくなってきたかもしれませんが、
明らかにカテゴリー違いのライバルの少ないところに登録して、ランキング上位を狙っている店舗さんもあります。


意外と奥の深い、カテゴリーのお話でした。

ちなみに学生の頃、クラス内でもスクールカーストというか、緩やかなカテゴリーがありました。

ちょっとした思春期にいたワタクシは『世の中にカテゴライズなんかされねえぞ』、とか思ってました。

そんな痛々しいことを言ってしまっていたワタクシだからこそ、

カテゴライズしにくい、ハンガーという商材を売る
微妙な(と言っては同業者にも同僚にも失礼ですが)お仕事に就いているのかもしれませんね。

にほんブログ村 企業ブログへにほんブログ村
→お仕事に関するマジメなブログは、にほんブログ村から!

ハンガーのプロ エイショー

ハンガーのプロ エイショー ヤフー店

バングラデシュの不法滞在者との思い出

  • 2016.09.12 Monday
  • 12:19

以前、かなり前(10数年前)になりますが、
ひょんなことからバングラデシュ人(不法就労)と知り合う機会がありました。

合法的な滞在10数年を経て、失業後、ビザの更新ができず、
それでも本国に帰りたくない、ということだった記憶があります。

考えてみれば、不法滞在者なわけですし、
あまり付き合いがあるというのもどうかと、今となっては思いますが、

不法滞在者ということを除いては、かなりいい人ではあったので、
当時未成年で、まだまだ若造だったワタクシは、あまり気にせずにおりました。

今日はそんな昔の記憶をご説明いたします。

アジアの記憶

近所に住んでいた彼と知り合った頃、ワタクシはまだ学生でした。

自然とおしゃべりをするようになり、そのうちに家に上げてもらい、
色々異国の情報を教えてもらいました。

なんの取り柄もない近所のガキに親切にしてもらいましたが、
思えば異国の地に一人、彼も寂しくて話相手が欲しかったのかもしれません。

当時ワタクシの住んでいた地域は外国人も多く、
中国人はもちろんのこと、中東系の人たちも少なくありませんでした。

バングラデシュ人である彼もまたイスラム教徒でしたが、
あまり敬虔であるとはお世辞にも言えず、時折 お酒も飲んでいたようです。

たまにイスラム的な丸い帽子をかぶっていて、
「その帽子にはどんな意味があるのか?」と聞いてみたところ、

「これをかぶると、罪がひとつ贖われて天国に近づけるんだ」と言っていたので、
敬虔では無いなりに、ちょっと罪悪感を感じていたのかもしれません。

そんなこんなで知り合って半年くらいしてからでしょうか、
今となっては詳しくは思い出せませんが、ある時彼が、

「美味しいバングラデシュ料理屋が○○にあるんだ、今度ごちそうするよ」
と言い出し、週末約束して、一緒にご飯を食べに行くことにしました。

ところが、約束の時間に彼の家に訪問しても、彼はなぜか家にいません。

バングラデシュ人はよく約束をやぶる、ということをネットで読んでいたので、
約束を破られたものと思い、その日は帰りました。
そうそう、彼は携帯電話を持っていなかったのです。


ところが、その後もしばらく彼に会わない日が続きます。

そのうちに、なにも気にしなくなった頃、彼の大家さんに会いました。

大家さんはワタクシがよく彼の家に遊びに来ていたことに気づくと、

彼が入国管理局に捕まって、強制送還されたことを話してくれました。
そして、彼のバングラデシュの電話番号を教えてくれました。

国際電話を掛けてみて、彼が教えてくれたところによると、
件のバングラデシュ料理店の前に待ち構えていた公安に、検挙されたとのことです。

ワタクシがいる時じゃなくてよかったと、思います。
危うく余計な騒動に、巻き込まれるところでございました。

・・・こうして、彼は国に帰って行きました。
その後、とくに連絡もせず、10数年が過ぎました。


ところが、この話はここで終わりではありません。

この仕事を始めて、もともとSNSなどやっていなかったワタクシも、
自分のFacebookのページを作らざるを得なくなりました。

そしてページを作ってしばらくした、先日のこと、
かのバングラデシュの彼が、ワタクシをFacebook上で見つけて、連絡してきたのです。

バングラデシュに戻ってから、子供?奥さん?らしきものもいて、それなりに幸せにやっているようでした。
なによりでございます。(ただ、ステータスは交際中となっているので、定かではありません)


あまり褒められた経験では無いかもしれませんが、
異文化に触れる貴重な機会ではあったと、今となっては思います。

ふと懐かしくなったので、ちょっと記事にしてみました。
なんか最近、ハンガーとはなんにも関係ない記事ばっかり書いています。


にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村
→グローバル化する社会に順応する方法について真面目に論じているブログは、にほんブログ村で!

ハンガーのプロ エイショー

ハンガーのプロ エイショー ヤフー店

Check

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

ブログの紹介・免責事項

衣類ハンガーや収納具といったニッチな話題で、
通販のあれこれやオススメのアイテムを紹介するサイトです。
【ご注意】 このブログでご紹介する内容は、 すべて個人的な経験・見解に基づくものです。 発生するいかなる損害や結果に対しましても、責任は負いかねます。 その旨、あらかじめご了解ください。 また、当ブログの写真・文章などコンテンツの 無断での転載を目的にかかわらずお断りします。

アクセス分析

ブログランキング

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM